11-<< 2013-12- >>01-

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.27 (Fri)

ホームページが新しくなりました

皆様、えとわ~るのホームページが新しくなりました。
まだ、手を加えていかなくてはならないところもございますが
グッと見やすくなったホームページを是非ご覧くださいませ。

http://salon-de-euro.com/etoile/index.html
スポンサーサイト
22:59  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.26 (Thu)

花岡です。マダム佐々部のブログはしばらくお休みいたします。

花岡でございます。

マダム佐々部の 戦闘日誌・エピソードにて、皆様、次の書き込みを楽しまれていた方も
多くいらっしゃると思います。
私もその一人です。

手術は無事終わり、大成功で、一度お戻りになり、軽くでしたら歌える状況でいらしたのですが…

そのあと、少し悪いところがみつかり、入院されることになりました。
至って元気で、看護婦さんからもお褒めの言葉をいただいているとか・・・

マダムより 「しばらく、ブログ、それから、Facebookでの書き込みが出来ないので
皆様にお詫びして、お知らせください」との連絡が入りましたので、お知らせいたします。

私もブログの書き込み等を少しサボっていましたが、
マダム佐々部の様子 や、えとわ~るのこと、なるべく、アップしていきたいと思っておりますので
ご了承くださいませ。

えとわ~る 年内のライブは、私も出演させていただく、本日と、
明日のConcert de Les petits fleurs Vol.2 となります。

是非是非、皆様お掃除の手を休めて、えとわ~るにいらしてくださいませ。

また、新年は 1月4日歌い初めとなります。
詳細はまた、ご案内させていただきます。

マダム佐々部が退院されましたら、また、楽しい記事をお書きになりますので
どうぞお楽しみに(^^)v
12:27  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.22 (Sun)

エピソード3<医術は日進月歩>

2013年の夏頃から

<ガンバリ玉>と真剣に向かい合い

年内摘出のプランが話題にのぼるようになっのですが

その頃から皆さまから 様々なアドバイス・経験談など

大いに教えていただきました

なかでも

<手術は体力が必要なのよ>
<医術は日進月歩よ>
<太っていた方が手術に耐えられるのよ>・・・などなど

時は流れて・・・

11月・・・入院の日

覚悟も決まり、精神的ゆとりもあり お医者様にいろいろ質問してみました

私  :先生、手術は太っている方が有利だと聞きました
    
    私、一生懸命食べて太りました、7キロ位 !!

先生 :誰が言ったの?

会長 :(得意そうに)私が言ったんですよぉ

    ずい~ぶん 太りましたよぉ~

先生 :だぁ~れが 運ぶと思ってんの?

会長 :(無言で苦笑い)


その後 お医者様はしっかりと 説明して下さった

昔と違って今は、麻酔の技術が格段の進歩をとげているので

患者さんの体力はかなり安定しているのだそうです

むしろ、麻酔と体重は密接な関係があるので

余分な脂肪は落とした方がよいそうです

更に術後の食事も 早くから副菜を付けて 栄養管理するそうです

お粥をしばらく出すのは、<都市伝説>に応えてとのことでした

そういえば

2日めの夕飯は お粥・野菜と魚の煮つけ・天ぷら・しば漬け・・・でした

都市伝説に振り回された 私の胃袋は空腹に耐えられず

餌を求めて悲鳴をあげるのです

===どうしましょう・・・年末年始のご馳走・・・===



03:04  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.19 (Thu)

エピソード2<ピアスって・・・>

左耳の感覚が・・・・ナイ

いや その周り半径1㎝ ほどの感覚が ないのです

思い切ってお医者様にきいてみた

耳の感覚神経を<切った>と云われた

その場所が 一番影響が少ないと判断した・・・・との事

私は質問する
<あのぉ~将来崩れてくるなんてこと・・・ありません?>

先生曰く
<大丈夫!! 筋肉は切ってないからね>

感覚を失っただけで 形は崩れないそうです

===それじゃ~ 幾つでもピアスの穴、あけられますね===

などと はしゃいでいると、

ピアスは危険だと 仰った

軟骨の部分を開けると 耳が溶ける事があるそうだ

話は感覚を失った私のミミに戻るが

気を付けなければいけないのは、何かの弾みで 切ってしまっても

自分では気が付かないので ダラダラ血を流しながら歩いてる・・・・

なんてことにならないように・・・・ですって

===新しい都市伝説===

~耳なし女の怪~ なぁんてね  

明日抜糸です・・・シ・ア・ワ・セ・です、顔を洗いまぁ~す







18:40  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.18 (Wed)

エピソード 1<パジャマ>

過日(正確には12月14日)

某病院の入院受付にて 書類の書き込みを済ませ

病室を確認し ベッドの寝心地の悪さを横目で確かめながら

これから起きるであろう イレギュラーな時間と

どう向き合ってゆこうか・・・? などと考えていると

看護師さんが パジャマを持ってきて下さった


看護師さん:<佐々部さん、ご希望は 3Lということですが、そうとう大きいですよ
           Lで十分だと思いますよぉ~~> 

私    :<おおきめの方が楽ですから 3Lでお願いします>

看護師さん:<3Lですと お相撲さんとかのサイズですけど>

私    :<ゆったりが好きなんです>

看護師さん:<それじゃぁ 3L置いてゆきますね>


いろいろ 入院中の心得らしきことをレクチャーして戴いたのだが 最後に

<個室なのであまり関係ありません>と云われ 

神妙に聞いていた背骨が ポキッと 折れた

早速 パジャマに着替えた

身も心も病人になった・・・そして お相撲さんに・・・なった







05:04  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.18 (Wed)

花岡です。Facebook

マダム佐々部の書き込みに大変うれしく思っている花岡です。きっと皆様も同じ思いですね(^.^)

ところで、Facebookをされている皆様、Salon de Euro えとわ~る のページもございます。
是非、ご覧下さいませ。

Facebook ←クリックして 是非 “いいね!”してくださいませ ネ(^^)v


02:37  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.17 (Tue)

戦闘日誌 <風清かにて全て事もなし>

本日 体中の管を外して戴きました

===窓を開けてもらいました=== 冬の冷たい風を幸せに感じました

流石に 耳の下からの管だけは

まだ外して戴いておりませんが

9,5㎝ にまで育った 私の腫瘍は

見事な いさぎよさをもって 私と決別してくれました

麻酔から覚めると

会長と進太朗 主治医と手術担当医が 上から見下ろしており

<大成功です>との 声が聞こえた

腫瘍そのものが 神経の上に乗って存在し

複雑に入り込んだ箇所も 実にお行儀よく

スルスルと外れてくれたそうです

当初、5時間の予定時間が わずか2時間30分で終了

===(あまりの早さに 会長は すわっ! 手遅れかぁ~)と 一瞬思ったとか===

顔面の神経は 無事温存することが出来、

細かい神経は 時間と共に回復してゆくとのこと

ただ、唾液腺はダメージを受けたとのこと

・・・・・顔面の神経が温存できた・・・・・だけでも

ありがたいことです

顔は・・・少し歪んでいますが・・・・

時間が経てば 戻るとのこと

戦闘日誌は これにて終了です

リハビリー頑張ります!!

応援・励まし・温かい言葉の数々 ありがとうございました

17:57  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.16 (Mon)

戦闘日誌 <晴天>

朝7:00から点滴が始まります

9:00から手術です

次に目が覚める時は 多分13:00

行ってきます
06:41  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.14 (Sat)

戦闘日誌 <抵抗?>

実は ここ一週間ほど前から

激しい痛みが続いている 左目じり→後頭部まで

元来 痛みに鈍感な体質なのだが 流石に 苦痛に顔がゆがむことも しばしばある

・・・・・昔

この病の診断をあおいだ時 腫瘍は<良性>とのことだった 摘出を勧めるが 

一生そのままの人もいるとのこと

・・・・それから 2ねん後

気が付くと 腫瘍は6㎝ほどになっていた

セカンド・オピニオンを受けた  

結果は<悪性>  4㎝を超えると 良性とは言えないそうだ 手術の限界だそうである

・・・しかし 環境が手術を拒んだ 最も苦しんだのは自分の心との闘い 

すでに 伴侶の異性問題が始まっていた
 
そして経済

その頃から 生きるための経済の全てが 私の双肩に重くのしかかっていた

後遺症の治癒時間など 許されなかった

生命保険の調整をし 歌手悠路としてのスタンスを変え <死>を迎える時

全てが清算されるように準備を整えた

今現在

私は<佐々部純子>になった

歌と死ぬのではなく 二人で生きることを選んでほしいとの言葉に

私の心は・・・泣いた

私のガンバリ玉(医者たちはこう呼ぶそうだ)は 9,5㎝ 腫瘍の中には幾つもの癌が

あるらしい・・・・猶予は許されないようだ

===このガンバリ玉===には 意思があるように思える

激しい痛みを持って 自分の存在を主張しているのかも知れない

間もなく私自身から 切り離されて腫瘍だけが滅びることを知って吠えている気がする

10年間以上<歌手悠路>と共に生きてきたのだから・・・・

間もなく夜が明ける ===臨戦態勢===に入る



05:16  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.12 (Thu)

戦闘日誌 <夜明け前>

夜明け前 

一日の中で 最も暗く寒い時

雨戸越しに聞こえてくる風の音 そしてたたきつける雨音

山が吠えている

朝の澄み切った空気を切り裂いて聞こえてくる

小鳥たちの合唱も 今朝は聞こえない

彼らは空いた腹をかかえながら

身をひそめているのだろう

午前7:00には ここを発つ

ゆっくり車を走らせ 海を右手にとらえながら

前線におもむく・・・・・


8月から時の止まったカレンダーを

一枚ずつはがしてゆく・・・・・

12月 残り一枚になったカレンダーをみつめ

今年一年の激動をおもう

いや・・・・・・歌屋として活かされた 30年を

目の前の鏡に 目が止まった

深く刻まれたしわ ゆるく弛んでしまった頬

鎧をはずした戦士がいた

確かに戦場は命がけだった 鎧の中の自分の心も知らないほどに

しかし

その眼は20歳の若者のように思えた

これから始まる新しい人生

積み重ねた30年が 準備期間であったと確信している

夜明け前

一日の中で 最も暗く寒い時

05:49  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.11 (Wed)

戦闘日誌 <平安の日々>

長い事更新できなかったブログ

伊東の山の中 パソコンがうまくつながらない

・・・ようやく 今 文明が戻ってきました・・・・

ブログにいらして下さっている皆様 ごめんなさい


さて いよいよ 手術の日が近づいてきました

明日 東京に帰ります

~~~☆

朝晩の冷たい空気と静かな時間の毎日

家の中の絵画の掛け替え

自分のための 仕事用のスペースの確保

好みの食器を買い 

冬を乗り切るための 洋服を買い

漬物作り

今日は プランターにビオラを 植えます

来年は 多くの時間をここで過ごすことになるでしょう

===心は 平安を保っています===

左側の顔を失うかもしれないと云われた恐怖も

今はありません

歌やステージに未練は無いのですが

共に<同じ道>を歩いてくれている 

レッスン生たちのことが気になります

そして

今現在 私の代行を務めて下さっている

<萩原えり子先生>に

心からの感謝を お伝えしたい



13:10  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.06 (Fri)

戦闘日誌 <夢>

夢を見ました

久しぶりの若い自分の姿でした

それを 今の自分が 高い所から眺めているのです

広い 風通しのよい部屋で

沢山の子供たちと 旅支度をしているのです

大きな金色の箱に 荷物を詰めています

<沢山の花を抱いた帽子><お気に入りの洗濯洗剤><マカロン>

・・・・そして最後に<譜面の束>

若い私は 譜面の束を 箱には入れず

一枚ずつ食べ始めました

それを見ていた 子供たちの顔は

もの凄い形相に 変わってゆくのです

子供たちは どんどん膨れ始め

私は 押しつぶされそうになります

それを見ていた もうひとりの私は

手を伸ばして 若い私を助けようとするのですが届きません

===目が覚めました===

しばらく ぼぉ~~とした後・・・・私は思いました

全て 中途半端にして 

置き去りにしている 私の人生を悔やんで

心が泣いているのだと  <未練>が必ず 私のエネルギーになってくれると





10:13  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.02 (Mon)

戦闘日誌 <化粧>

久しぶりに 化粧をしてみた

いつもの手順で しかし ゆっくり時間をかけて

ふと 手が止まった

化粧品を愛おしく思った

使い古されて ブランド名も読めなくなった コンパクト・・・

見事にすり減ってしまった 頬ブラシ・・・・蓋が割れてしまって ガムテープ留めのパレット・・・

みんな みんな <歌手悠路>の 戦友たち そして 傷ついたものたち

・・・・・・いつの頃だったろう 

おんなであることも 母であることも 妻であることも 置き去りにして

歌屋としてのプライドだけで 生きるようになったのは

たぶん それは最近のことでなく ず~~っと昔だった気がする

でも 頭のどこかで憧れ続けた 熟年女性の自然な生き方・・・

結局 そんな 中途半端なプロシャンソン歌手<悠路>のために

より近い人たちが<悠路という名の怪物>の犠牲になった

明日

この化粧品たちを 神社に持ってゆこう

供養してやりたいと思う
22:30  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2013.12.02 (Mon)

戦闘日誌 <悠路改め>

12月になったら 正式にお知らせしようと

思っていた事があります

長い事慣れ親しんで戴きました<悠路>は

<佐々部純子>に 改めさせて戴きます

悠路のままで いいではないか との

優しいお言葉も沢山頂きました・・・が

思うに

遡ること 20年前

初代会長<国井一氏>に命名して戴いた<悠路>の名前は

歌う事を自分の命以上に 大切にしてほしいとの思いから頂いた名前です

今の私に<悠路>を 名乗る資格はありません

<悠路>は 十分に個性的に生きたと自負しています

多くの能力も与えて貰いました

ピアノ・レッスン・フランス語・創作・・・そして表現

佐々部純子は それらの豊かな土壌に 種を蒔いてゆきたいと思います

なんだか とてもワクワクします

初めて大学の門をくぐり 授業を受けた日を 思い出します



00:51  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。